酵素ダイエット中のアルコールはダイエット効果が小さくなる


0-34-301

酵素ダイエット中のアルコールの摂取方法とは。

酵素ダイエットの期間中は、アルコールはできるだけ避けましょう。
でも、酵素ダイエット中にお酒が飲みたくなった時、付き合いがある時には、どうしたら良いのでしょうか。

酵素ダイエット中のアルコールの影響

酵素ダイエット中に、どうしてもアルコールを飲まなければいけない場合のポイントは、

・糖質やカロリーの低いお酒
・少量にする
・軽い食事をした後に飲む

上記3点に気を付けると、ダイエット効果の大幅な減少や体調不良を避ける事が出来ます。
加えて、ダイエット終了直後に多量のアルコールを飲むとリバウンドしやすくなるので、要注意です。
アルコールは、酵素ダイエットを頑張るエネルギーにもなるでしょうから、この点を踏まえ楽しく飲みましょう。

アルコールによる酵素ダイエットの効果

酵素ダイエット中にアルコールを飲んだ場合、ダイエット効果が小さくなる可能性があります。
・アルコールを分解する為に、ダイエットのための酵素を使う。
酵素ダイエットは、食事を酵素ドリンクに置き換えて内臓を休め、消化酵素の代わりに代謝酵素をたくさん作り、代謝を活発に促進し、痩せやすくなるというものです。
しかし、アルコールを飲むとアルコール分解のために酵素が使われるため、代謝酵素が減ってしまいます。
・アルコールや食事で、摂取カロリーが増える。
アルコールにも食事やおつまみにも、カロリーや糖質が含まれており、ダイエットには逆効果です。

酵素ダイエット中のアルコールの摂取方法

アルコールの選び方

糖質やカロリーが少ないお酒
酵素ダイエット期間中は糖質ゼロやカロリーを含まないお酒を選んで下さい。
カロリーを見ると、ワインが比較的少ないようです。
ビール、日本酒、ワインなどの醸造酒には、糖質ゼロの製品を除き、糖質が含まれています。
糖質が含まれない焼酎、ウイスキー、ブランデーを、水や炭酸水で割って飲むのが良いでしょう。

・ワイン(1杯120ml)  :90kcal
・ウイスキー(ダブル60ml):132kcal
・ブランデー(ダブル60ml):132kcal
・清酒(1合180ml)  :202kcal
・焼酎25度(1合180ml)  :248kcal
・ビール(大びん1本)  :253kcal

糖質ゼロの製品
焼酎、ウイスキー、ブランデーなどの蒸留酒は糖質を含まない純粋なアルコールです。
梅酒やリキュールは醸造酒や蒸留酒に香料や糖を加えた混成酒ですが、最近では、ビール、ワイン、酎ハイ、清酒などのお酒で、糖質ゼロの商品も多くなっています。
ノンアルコール
アルコールを飲んだ気分になって満足する方法です。
・酵素ドリンクを炭酸水で割る、
・ノンアルコールでノンカロリービール
人工甘味料などの添加物を避ける
体に悪影響を及ぼすリスクがあります。
⑤1種類にする
複数のお酒を飲む「ちゃんぽん」は二日酔い、肝臓に過度の負担がかかるため厳禁です。

アルコールを飲む前

水を飲む 
飲みすぎや食べ過ぎの予防、アルコールを中和するために有効。
酵素ドリンクを飲む
軽く食事を摂る
消化の良いものを少量食べましょう。
桃や柿などを食べる
酔いの原因になるアセルアルデヒドの吸収を抑制、代謝を促進する働きをします。
・ナイアシン :桃、ピーナッツ
・カタラーゼ :柿

おつまみ

おつまみはヘルシー、胃に優しい、消化の良いもの、野菜を選びましょう。

アルコールを飲んだ後

①水をしっかり飲む
アルコールによって脱水になりやすくなっています。
②酵素ドリンクを飲む
おつまみなどの消化分解を助けます。

アルコールを飲む習慣のある人は酵素ダイエット効果が出にくく、痩せにくい体質になっています。
焦らず期間を空けながら何度かトライしてみましょう。酵素ファスティングダイエットはおすすめの無添加酵素で安全にやりましょう。